幼友達

夜電話あり、旧姓****ですけど、と聞き慣れない声。

あ、そういえばこの間クラス会の連絡来てたっけ、でも、旧姓**さんなんて居たかしらん・・・

家の近くの**ですけど、と、昨日実家へ行った時前を通ってようやく猫まんまの実家で電話を聞いてきたので早速電話したのよ、と。

・・・・やっとそれが幼友達であることに気が付いたのでした。

でも、彼女とは小学4、5年で同じクラスになったけどその後は全くクラス違っててお付き合いもなかったのでビックリです。
彼女は美人で、字がとってもきれいで、子供の頃は一生懸命真似をして書いたものでした。
そうそう担任の先生の家に一緒に遊びに行ったことがあったっけ。

猫まんまは大抵の人の声を記憶してるのだけど、当然声変わりしてるし(女性でも結構変る)なにしろ50年近く聞いていない声では、最後までほんとに彼女とは思えないのでした。

猫まんまの実家、この春に壊して更地にして地主さんに返してしまったのですが、まだ猫まんまはそれを見ていません。見なければまだあるものと思えるから・・・故郷がなくなるなんてすごーーーーく淋しいでしょ!

彼女は実家の隣にある甥の家で訊ねたようです。
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-24 21:45 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧