待合室

10月14日  (水) 
ねむ・・・・先週金曜日2ヶ月ぶりに古巣に歌いに行ってからじつは少々喉が不調です。
時期的なものもあるのでしょうが又喉がまっかっかです・・・
この学区の小学、中学ともに新旧のインフルで学級閉鎖してるのでどこに行くにもマスク欠かせません。
家の前通る子供達にもマスク姿が多くなりました。

きのうちょっと気になるところがあって皮膚科に行きました。
マスク姿がちらほら、その中に古い友人が居ました。でも、友人は気がつきません。両方共にマスクで顔の大半を隠しているものですから。おまけに私は眼鏡も掛けていましたから。

席も離れていましたし、あまりおしゃべりするのも喉の所為で気が乗りませんでしたから黙っていました。

そこへ近くに住む甥っこもやってきました。

こちらも全く気がつきません。


友人が診察室に入ったとき私は席を変わりました。診察室から出てきた友人が隣に座りました。そこでやっとこちらから声を掛けました。”アラッ、マスクで分からなかった~~~”
反対側にいる甥っこには手を振りましたがキョトンとしていました。
きっと、自分じゃなく隣の人に手を振っていると思ったことでしょう。

「目は口ほどにものを言う」と言いますが、目を見ただけではよほど特長のある目でない限り誰か分かるということはなく、目にその人の心が現れるだけだとと言うことをしっかり理解し直しました。

帰り際に甥っ子も気がついてくれました。
”ああ、叔母さんだったの!”
 ”どうしたの?どこが悪いの?”
彼は料理人なので手が荒れて仕方がないから診てもらいにきたとのこと、職業柄大変ですね。
”僕、料理長になったんです.食べに来てくださいよ!”

 ”そう、おめでとう!そのうち行くね” 待合室もたまには楽しい集会所になりますね。
[PR]
by nekomanma221 | 2009-10-14 05:48 | 健康 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧