日が経つのは

1月17日 (日) 快晴

大地震からもう15年経ったのですね。
まだほんの最近だったように思いますのに。

あの日子供達はどこにいたのでしたっけ?
二人とも家から出ていたのだったかしら・・・

このあたりでも震度4で長い間揺れたのでした。
驚いて、すぐTV点けて、姉達の住んでいる地域が大変なことになっているのが分かったのだけど何をしていいのかオロオロするだけ。姉達夫婦の家は食器類がメチャクチャになったとかだけど、比較的(他に比べれば)良かったけどその子供達の家は全壊や半壊でたいへんだったのでした。


あの時のTV報道はなんだか映画を見ているような気がしていました。
昨日今日にあの時のニュースを見るほうが、もっと胸をえぐられるような衝撃や悲しみが沸き起こってきます。
きっとあの後のみんなの苦しみとか悲しみとかを知っているからなんでしょうね。



妹が、昨年最後に母を見舞いに来たのはいつだったかしら?と訊いてきました。
調べると10月初めが最後でした。

”エッ、そんな前だった?!”

そうなんですよね、ほんとに日が経つのは早いんですよね・・・・


2~3日前からやってきてます。このこはだ~れ?
e0031572_1613413.jpg


記事を送信し終わったところで又猫の声でみるとあれ、猫が変わりました。
e0031572_1722759.jpg

ほら、ちゃ~ちゃん(龍くん)にソックリでしょ?

夫が”どうして我が家の裏や我が家の屋根には猫がいっぱいなんだろう・・?”と言います。で、見てください、我が家の裏の様子・・
e0031572_175171.jpg


中ほどのオレンジに見えるところ(首輪つけたシロクロがいます)はススキの枯草がいっぱいで、お日様もいっぱい当るんです。
隠れるにも、日光浴にも最適でしょ?!
そして、我が家の屋根、平らで登り易いし、お日様いっぱい当るんですよ!おまけにギャングネコからは身が守り易いし・・・
あ、ギャングネコってこの2匹+もう1匹のシロクロちゃんです。
この後、3匹が鉢合わせして大変でした~~~
[PR]
Commented by ウーロン at 2010-01-17 17:22 x
私は生きるのが辛くなるとき
「猫のように生きる」
と唱えます。
猫は(動物は)ただ生きるために生きていて
ひたすら生をまっとうしようとしているからです。

猫の仕事は生きることと愛されることと信じています(笑)
Commented by 路地猫 at 2010-01-17 17:36 x
地震の日、私はまだ結婚していなくて家にいました。朝まだ暗い時間の大きな揺れにてっきり関東で大地震が起きたのだと思っていたら関西で、しかもボスのお母さんが音信不通になりボスは車で神戸まで行ったのでした。(家は全壊でしたが近所の方に助けだされてご無事でした)当時はまだ関西に友人も多くて、京都でもあやうく倒れた本棚の下におしつぶされそうになった友人があれば、仕事を休んで神戸までボランティアをしにいった友人もあったり・・・。
とはいえ、やはり経験しなければあの苦しさはわかってあげられないのですよね。
ウーロンさんの「猫の仕事は生きることと愛されること」ってとってもいい言葉ですね!私もまさにそうあって欲しいと思ってます。
Commented by nekomanma at 2010-01-17 18:16 x
ウーロンさま
 生きるのが辛くなるなんて、そんなときがあるのですかウーロンさんにも?私は、今までは辛い時は合唱に全力投球すれば解消していましたが、これからは「猫のように生きる」にしようかな・・・

猫のお仕事は生きることと愛されること、そうですね確かに。



路地猫さま
 大地震の数年後神戸に行きましたが、表向きはもう綺麗になっていました。でも建物の壁面に傷跡がそのまま残っていて、どんなに大変だったんだろうと思いました。
この辺もいつ来ても不思議は無い地域、できることはしているけど、想像するだけで胸が苦しくなりますね。

 
Commented by scorpioh at 2010-01-17 21:42
もう15年ですね。
息子が大学に入る年だったから。
友人のお子さんは大阪の下宿が大変なことになってしまったという。
うちは東海地震の危険地区に入ってる~~
怖いよね、向こう30年には絶対くるって・・・?
逃げようがないし・・
by nekomanma221 | 2010-01-17 16:02 | Comments(4)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧