2月26日 〔金〕 雨どしゃぶり

雨、待っててくれたのね母の葬儀を。

午後から降るのかと思ったらもう朝からしっかり降りました。
その中を久しぶりにアンサンブルの練習場に行きました。

声、出るかしら・・・と心配でしたが、ここでは朝の30分は完全に息の出し方から勉強するので、何とか取り戻すことが出来ました。

その後の1時間半も絶えず息の使い方、他のパートとのハーモニー、歌詞の持っている意味などを、時間配分良く指導され、とても有意義に過ごせました。
曲は難しくないのですぐ譜面を外せ、発声に集中することができます。
ここに来て本当に良かったと思います、今の私にとっては最高にあってる場所です!


昨年里子にいった猫さん達、そろそろあちこちから去勢避妊手術の報告がやってきています。
田舎に行った子たちは自由に生きているのかしら・・・・?でも飛び出したりはしていないでしょうね?!


るるちゃんも手術しました~
e0031572_16172172.jpg

  まだこんなにあどけないのによく頑張ったネ・・・・ママ猫にそっくりになりました


こちら左はレオくんです。レオ君はもうしたのかな?右はジュリー兄さん。
e0031572_16195933.jpg

  最近とっても人見知りになったんですって!あれ、きょうだい猫のぽん太くん(Kさんちに居ます)もそうなんですよ!もう足音聞いただけであっという間に隠れますって。以前どこに隠れるのかどうしても分からなくって、やっと分かったのは風呂桶と壁の間の5センチもない隙間から桶の下に潜っていたんですって!
ほんとうに驚きでした!
[PR]
Commented by yoshiko at 2010-02-26 23:22 x
びっくりしました。心からお悔やみ申し上げます。いつも手を握って童謡を歌ってあげたのよね。貴女の素敵な歌声を聞いて気持ち良さそうにしておられた情景が目に浮かびます。まだ貴女のことがはっきり判る時からずいぶん長生きされましたね。お母さんは貴女のような親思いの娘を持って幸せな一生でしたよ。お疲れの出ませんように。合掌
Commented by nekomanma at 2010-02-27 06:35 x
ありがとうございます。

ほんとにしっかり生きてくれました。私はどういう訳か子供の頃母親に甘えるということが無かった娘で、却って淋しい思いをさせていたかもしれないです。その分最期まで近くで看られて本当に良かったです。母が歌が歌えるということをもっと早くに気が付いていたらと、それがちょっと残念です・・・
by nekomanma221 | 2010-02-26 16:30 | Comments(2)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧