ピアノコンチェルト

1月14日 (土) 晴れ

中村紘子さんのコンチェルト(中部フィルハーモニー、堀 俊輔指揮)を聴きに行きました。

中村紘子と言えば、私たちとほぼ同年代、憧れのピアニストでした。
客席は若い人もいるけれど、圧倒的におじ様おば様族でいっぱい!

とくにおじ様続はとってもカッコイイ方が多くて、きっと昔からの熱烈なフアンだったんだろうと思います。

演奏曲目は良く知られた ベートーヴェン : ピアノ協奏曲「皇帝」、チャイコフスキー : ピアノ協奏曲 第一番
だったので、音楽に合わせて体が揺れている人が多くて、もう音楽の中に入り込んでいるようでした。


ところで、私と友達はシニアー という2000円のチケットだったのですが、これは会場で入場券と交換してもらうようになってました。
つまり、特別席(8千円)、A席、B席、C席、D席の中の売れ残った座席券をシニア用に回してくれるんです。
早く行って、運が良ければ特別席がいただける可能性もあるんですね。もっとも特別席などは完売していましたけど。
そして、会場について目にしたのは、大勢のシニアの人たち!

何年ぶりかに行った合唱以外のコンサートでしたが、シニアの元気ぶりを垣間見たようでした。

街中に行ったのはほんとに久しぶりで、演奏聴く前に疲れました・・・・フウ
[PR]
Commented by rojineko at 2012-01-15 12:33
ふーん、いろんなシステムがあるんですねえ。
鹿児島から福岡に異動したときは、これでいろんなコンサートに行けると喜んだのですが、福岡は週末のコンサートがほとんどなくて、しかも値段が高いのばかり。結局ほとんど行ってませんです・・・
まあ、東京で楽しめないことをした方が九州の記念になっていいのかなと開き直ってますがね。
Commented by nekomanma at 2012-01-15 20:09 x
私もシニア分の席があるのかと思っていましたらそういうことでした。でも、チケット売るときに一体何割ぐらいシニアに回すのか、かなり苦労があるんではないかしら?
指定が売れすぎたらシニア分に回せなくなるもの・・・
チケットの販売ってほんとにどこでも苦労が尽きないんですよね。
by nekomanma221 | 2012-01-14 20:47 | Comments(2)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧