枯葉

3月24日  (土) 曇りのち晴れ?てほしい

ようやく彼が結婚しようと言ってくれたのに・・・嬉しかったのに・・・実は私もう夫がいました!

って、昨夜観た夢。うふふemoticon-0153-brokenheart.gif


アンサンブルで今歌っているのは「枯葉}。
声を出すたびに指揮者が  ”それでは5年前の思い出でしかない! もっと30年前の心で歌って!”と言われる。

熟女の感性で! といつも言われるのだけど、そうすると今度は暗くなってしまい、”そんな暗い歌ではない、もっと明るく” と言われるし・・・

実は私、枯葉をはじめて歌ったのは小学4年生。
そのとき私が暗い性格(と親は思っていたらしい)なのを心配して、父の友人の音楽の先生に音楽を習わせてくれたのです。
楽器は何も持っていなかったから、お宅へ伺って、先生が帰られる前にピアノを弾かせてもらい、帰られてからピアノを少し教わり、先生が下さるプリントの歌を歌うのがレッスンでした。
歌は同級生一人と先輩の3人一緒に歌っていました。2人とも童謡歌手のようにとても綺麗な声で羨ましく思っていましたっけ。

先生は中学の先生だったのですが、印刷された曲は ラジオ歌謡、ひばりさんの「りんご追分」、荒城の月、そして愛の賛歌や枯葉もありました。
心こめて歌うと先生はいつも抱きしめんばかりにして誉めてくれたものでした。


今思うと、私の歌心はそのとき培われてた気がします。
4年生でも枯葉の心情はよく分かった気がしていましたね・・・

さて、暗くも無く、5年前の出来事でなく、熟女の感性で素敵な歌声を響かせるにはどうすれば?

など思いながら眠った夜のでした・・・・emoticon-0125-mmm.gif
[PR]
by nekomanma221 | 2012-03-24 07:46 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧