エルミタージュの猫

エルミタージュ美術館には50匹の猫さんが住んでいるって知ってました?!

初めは美術館の貯蔵品をネズミから守るためだったんですって。

大戦中、ペテルブルグの街は600日ドイツのために封鎖になり、食べ物が無くなり、遂に猫を食べることで生きながらえた人もたくさんいたんですって。

そして、戦後、今度は戦争で犠牲になった人たちが街のあちこちに放置されてて、ネズミが大繁殖したのだそうです。

で、他所の街から貨車に一杯の猫を運んできてネズミを退散させたのだそうです。

だから、ペテルブルグの街いえ、ロシアでは、猫がとっても感謝され、大切にされているんだそうですよ。


エルミタージュの猫たちには専属の飼育員も、お医者さんもいるんですよ。
そして、ちゃんとそれぞれのベッドもあって、お客様にも可愛がってもらってるようでした。

らむちゃんや空介もエルミタージュの猫になりたいかな?

(今朝のTV番組から)
[PR]
Commented by ウーロン at 2012-11-05 08:04 x
いまここでこんなに幸せにお母さんと暮らしているのに?
お母さん意味がわかりません。
って言うと思いますよー。
Commented by nekomanma at 2012-11-05 09:14 x
エルミタージュの猫さんたちは自由なんです。
ちゃんとお家もあるし、ご飯も頂けるし、お庭に出て遊ぶことができるんですよ!
やっぱりエルミタージュ猫さんのほうが幸せでは・・・
Commented by rojineko at 2012-11-05 09:16
BSで放送されたときにみましたよ。
ちゃんとお仕事があるんですよね。
Commented by nekomanma at 2012-11-05 11:03 x
3日の朝のBSで見ました。もう前にもやったのかな?
京都でエルミタージュ展をやってたとかで、京都に出張帰りの方が猫柄タオル(歌川広重絵)を買ってきてくれました~
by nekomanma221 | 2012-11-03 17:28 | Comments(4)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧