記憶

午前中1台の車が我が家へ来る細い路地の曲がり角に止まっている。

故障車のようで、ボンネットは開けているし、標識(何て言うのかな赤いポール)も立てている。

そこは細いけど結構車は通るところで、でも、すれ違いは出来ないので、来る車みなバックして違う道へ戻っていく。

らむちゃんと散歩に出かけた時も居たし、帰ってもまだ動く気配が無い。
JAFとか呼んだのかなあと思うけど、ここらは近くからすぐきてくれるので、ちょっと遅いねと思う。
誰か家の人でも呼んだのかもしれないな・・・と思ったりするが、何か変な感じがして声を掛けてみようか、だって次々とUターンしていく車があるのに、その運転手の声が全然聞こえていないし(普通はすみませんとか言うでしょ?)・・・と家を出た時エンジン音がした。

他には車が見当たらなかったので、故障を自分で直したか、もしくは故障してるように見せてただけで何かしていた、のだろう。
チラッと姿が見えたがハンチングをかぶり、小柄で、少々身体が前かがみの男性。

急いで車のNo.だけ記憶した。(実は家を出る時マジックを持っていった、どうせすぐ忘れるから)
で、車の色は、と考えるけどベージュなのかグレーなのか思い出せない。
ライトが丸でも四角でもない三角っぽいのだということしか記憶が無い。

よく事件の後、どこで、どんな、などと尋ねられて答えている人達はよく記憶してるもんだと思う。もっともそれだけ印象が深いからだろうけど。車種は私にはまったくトンチンカンなのだから記憶できないにしても色くらいはねえ・・・・

とにかく近々事件が起きませんように。
その路地はもう少しすると小学生、中学生が大勢通る所なの。だから余計に気になったんだけどね。


今朝のらむちゃん、珍しくとっても眠かったらしく私が起きてもまだ・・・
e0031572_14143998.jpg

こんなにカタツムリしてました。もちろん枕はお母さんのです。
[PR]
by nekomanma221 | 2006-05-31 14:18 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧