廃屋のオルガン

母ちゃんのお見舞いに行く時、いつも気になる廃屋があります。

そこは、かなり以前火を出してしまってその後誰も住んでいないのです.勿体無いと思うけど、きっと、そこを直すよりどこかに新しく建てるなり買うなりした方が良かったのでしょう。

と、ずっと思っていたのですが、最近母ちゃんのお見舞いに自転車で行くので、その廃屋をしっかり見ることになりました。丁度そのあたりで疲れてくるからゆっくり見れちゃうのですが。

1階は柱だけ、2階は今でも住めるんじゃないかと思えます。が、階段は見当たりません。
で、その柱だけの1階の片隅にポツンとオルガンがあるのです・・・・
そこの住人が弾いていたものでしょうか・・・子供さんが弾いてたのかな・・・・
何もない柱だけの1階にオルガンだけがポツーンと置いてある・・・
でも、ちゃんと雨には当らないように置いてあるのです…

そこを通る度にいつも 
そこにはどんな家族が住んでいたのだろう・・?誰が弾いていたオルガンなのかしら・・・・?その子は元気なのかしら・・・・?どうしてオルガンだけ置いて行っちゃったのかな・・・もしかしてその子は火事で、もう弾きたくても弾けない子になっちゃったのだろうか・・?

って色々想像するのです。
ほんとはただ邪魔だったから、捨てるところが無いから置いてあるだけかもしれないけどね。

 ところで鼻のためには冷たい飲み物や甘いものはできるだけとらないほうが良いらしいけど(普通一般的にもそうなんでしょうが)この暑さと喉のガサガサには冷たくて甘いものが避けられません!
[PR]
Commented by yoshiko at 2006-06-20 15:46 x
廃屋が目に見えるようですね。
いろいろ想像したりして・・・
今日は前から行きたいと思っていたダ「ヴィンチ・コード」をやっと観てきました。 ちーと難しかったところもあったけど面白かったよ。
でも眠たい。
by nekomanma221 | 2006-06-20 09:03 | Comments(1)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧