町の風景

昨日は暖かく風も無かったので気持ちよく自転車に乗って母見舞う。

珍しく車椅子で食堂に居た。おかあさん、と声掛けて手を触るとヒシと手を掴む。
分かってくれているのかな・・・?いつものように爪を切り、数曲童謡を歌う。
見ると見かけないパジャマのズボンを穿いている。
アレッ、パジャマ足りないのかな・・・?
看護士さんに聞いてみたが6組あるはずなので大丈夫といわれる。でも、タンスの中には1枚も無いので全部汚してしまったのか?
お天気が良かったはずなので乾いていないとは思えないし、でも、大丈夫と言われるので足りているのでしょう、でも時々名前が薄くなってどこかに紛れ込んでしまうこともあるから・・・

自転車で走ると普段見過ごしてしまう周りの景色が一つ一つ良く見えて楽しい。

数年後に地下鉄が完成するのを見込んで、町は大変身をしつつある。
そこらじゅうの林や竹やぶや沼地だったところがきれいに造成されて、マンションやら、個人住宅がたち、区画整理された土地をいろんな不動産会社が売りに出したり、迷路みたいな細かった道が車が行き交える広い道に作り変えられたり・・・・

ここらは**さんの土地だったっけ、ここは##さんの土地だったっけ・・・

この辺の土地持ちさんはますますお金持ちになっていくんだね、などとちょっぴり羨ましくなった。今建っている家だって我が家の何倍もあるんだから。
でも、手入れが大変だろうな、と小さな我が家にほっとしたり。

母さん、地下鉄完成するまで生きててね!
乗せては上げれないでしょうけど・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2008-03-12 06:19 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧