金襴緞子の・・

母の面会に行ってきた。

丁度入浴が終わり、おやつを頂き、部屋に戻るところで行き会った。

ベットに横にならせてもらい、落ち着いたところでまた歌を歌った。
いつも月の砂漠から始まり、花、夕焼け小焼け、など何度も歌う。時にはこちらが忘れている歌詞を母の方がしっかり覚えている。今日も花嫁人形を歌いだしたものの、1番2番3番と歌詞が混線してしまって”あらっ、ゴチャゴチャになっちゃった・・・”というと、母が大きな口をあけ一生懸命歌っている。
”あらまッ、お母さんしっかり覚えているのねぇ”というとちょっと嬉しそうな顔をした。

入浴したので気分が良かったのか、いつもより記憶がはっきりしていて、**はどうしてる?**は?と他の兄弟姉妹たちのことを尋ねたりした。

姉の事は”**ちゃんのところに行ってきたよ”とだけ話した。
分からないとは思うけど、今日みたいに意識がしっかりしてる時はちゃんと分かるのかもしれないし、分からなくても気分が暗くなるかもしれないので。
もうじき天国で会えるでしょうからね。
[PR]
Commented by yoshiko at 2005-09-11 06:58 x
貴女の歌好きはお母さんに似ていたのね。
お母さんもきっときれいな声なのでしょう。
Commented by 猫まんま at 2005-09-11 08:32 x
母は自分のドラマチックな人生を思うとき、音楽があれば慰められると思って私に勧めてくれたようです。
でも、母の声ってどんなだったけ・・・・?今はほとんど声にならない声ですから。口だけはしっかり動いていますが。
by nekomanma221 | 2005-09-10 16:31 | Comments(2)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧