カテゴリ:未分類( 2479 )

ひたすらないのち  成功裏に終了

ひたすらないのち 愛知演奏会 終了。

学校法人南山学園主催、東海メール共催による全高田三郎作品の超デラックスな演奏会でした。
最後の合同演奏の水のいのちは650人の歌い手とオーケストラ、それもハープ2台オルガンの大演奏でした。コンサートホールの半分が演奏者で埋まっていましたね。

聴きたかったなぁ・・・・・

ほんと、演奏会が成功した時は自分が観客でなかったことがとっても残念ですよね!

猫まんまは初めこんなに大勢でやればきっといい加減な歌い方しかしないから出たくない、と思っていましたが、指揮者小松一彦氏は全然妥協しないでやってくださったのでとても嬉しかったです。
なにしろ前日のリハーサル、午後5時から8時まで立ったままビシバシやったのです。
脚は棒になるし、声はかすれて来るし、こんなんで本番まで持つかしら・・・と思ったものです。
5時からは小松先生だったけど実は2時からも須賀敬一先生の遥かな歩みの練習してるんですからね!
主婦の辛さで、午前中は1日分の家族の食事作り掃除洗濯、など済ませてから行ったのですから、そりゃ並大抵の疲れではありませんからね!

4時間の演奏会、出演者も盛り沢山、大阪、東京、金沢、遠くは愛媛からも参加していました。

まずはご報告を。
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-19 08:21 | Comments(1)

栄 地下

健康診断、但し婦人科のみ、あとはかかりつけの医院で。

久しぶり町へ出たので?栄地下を散策。

お店が色々変ったのねぇ。
以前時々寄っていた猫の服とか、あ、猫用でなく猫模様の、置いてあった店はなくなり、
若い人向きの小物を売る店とかになっていた。

ついでにプールも寄るので、地下街で昼食を。

キョロキョロしてたら、魚のみりん漬けとか売ってる店の奥にテーブルが見え
年配のご婦人が座っているのが見えたので猫まんまも入ってみた。

中にいる人は9割方年配のご婦人で、ひとりで来ている人らしく、
相席でお願いしますね、とスタッフが声掛けている。
11時だというのにもう満席!

知らなかったけどかなり有名な店らしく、気がつくと待っている人がたくさんある。

  ”心太、食前に召し上がられますか、それとも食後にされますか?”
 ”えっ、・・・・・?”
  ”食前に召し上がると食物繊維の接取がよいそうですの。”
 ”でも、どうしてお尋ねに・・・?”
  ”食前に召し上がられるなら1番取りやすい位置に配膳させていただきますので・・・”

す、すごーい!  そこまで気を配って配膳されるなんて!
美味しさ+気配りで婦人客がこんなに多いのか?
言葉使いもとても品が良い。

鰈の焼き物の定食を頼んだけどとっても美味しくって、最後はきつかったのに
一口も残さず全て平らげた!
おかげでプールではかなりしんどかったな・・・

 お店の名前は 鈴波 でした。

ぷーる仲間に聞いてみたらちゃんと知っていたのでやはり有名なんでしょうね。

 猫まんまは何年ぶりに地下街を歩いたかしら・・・?
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-16 20:45 | Comments(4)

気絶!

娘が歯の治療で麻酔を打った途端気絶!

子供の頃からちょっとしたストレスでぶっ倒れてた!人だけど
もう大人になったので治ったと思ってたんですがねぇ・・・

ところで息子も親知らずで治療したことあったのでその時の事尋ねてみたら

な、なんと

息子も同じようにぶっ倒れたんだって!

近所の歯科で治療しようとしたのだけど結局そんなわけで大学病院へ行ったんだって。

歯は脳に近いから痛みも余計に強く感じるのでしょうが、よりによって二人とも親知らずの治療でぶっ倒れたとは・・・・

 ところで娘の歯科医師は大学病院を紹介してくださったのだけど、ちゃんとご自分で一緒に病院まで付き添って行って下さったんだって。猫まんまの近くでそんな風にしてくださるお医者さんなんて聞いたこともありません・・・感謝です。
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-14 20:43 | Comments(1)

選挙

衆院選挙自民圧勝。

岐阜では郵政反対の野田さんと刺客(!)の佐藤さんの事実上一騎打ちで、なんと選挙率が70%を超えたそうな。

昨日合唱の練習場でも今回の選挙の話にしばし花が咲いた。

”改革は絶対必要だと思うけど小泉さんのやり方もちょっと強引過ぎるし、ほんとに困っちゃう・・”と。

みな”そうよねぇ”と。

女性をいっぱい引っ張り出してくれたことは猫まんまは良いと思う。
政治にまるで素人の女性を・・・という指摘もあるにはあるけど、いや、なかなかみなさんたいした女性ばかりじゃありませんか!?
第一女性が増えれば簡単に戦争!戦争!とはならないでしょ?
男性は大体戦いがお気に入りのようですが・・・

わが夫も然り。

あ、でも韓国旅行で、戦争の傷跡を実際に見てきて”日本は随分ひどいことをしたんだなーーー”と感想を言ったので、絵空事でしか戦争を知らなかったからなのかもしれないけど。
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-12 11:49 | Comments(1)

金襴緞子の・・

母の面会に行ってきた。

丁度入浴が終わり、おやつを頂き、部屋に戻るところで行き会った。

ベットに横にならせてもらい、落ち着いたところでまた歌を歌った。
いつも月の砂漠から始まり、花、夕焼け小焼け、など何度も歌う。時にはこちらが忘れている歌詞を母の方がしっかり覚えている。今日も花嫁人形を歌いだしたものの、1番2番3番と歌詞が混線してしまって”あらっ、ゴチャゴチャになっちゃった・・・”というと、母が大きな口をあけ一生懸命歌っている。
”あらまッ、お母さんしっかり覚えているのねぇ”というとちょっと嬉しそうな顔をした。

入浴したので気分が良かったのか、いつもより記憶がはっきりしていて、**はどうしてる?**は?と他の兄弟姉妹たちのことを尋ねたりした。

姉の事は”**ちゃんのところに行ってきたよ”とだけ話した。
分からないとは思うけど、今日みたいに意識がしっかりしてる時はちゃんと分かるのかもしれないし、分からなくても気分が暗くなるかもしれないので。
もうじき天国で会えるでしょうからね。
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-10 16:31 | Comments(2)

Skype

猫まんま昨日は好きなだけ洗濯して、すきなだけバルサン焚いて、中掃除して、しっかりチャングム観て、寝ましたわ。ほほほ

息子がSkype(パソコン電話とでもいうのかな?)というのを設置していったのだけど、向こうの声はちゃんと聞こえるのに、こちらの声は届かないの。何か不備があるのでしょうが分かりません。残念!

泊まっているホテルはインターネットが使い放題だとかで、昨夜も長いこと挑戦してたのだけどダメでした。これがちゃんとできればすごい安上がりだけどね。
でもさすが猫まんま、文字入力の会話はできましてよ。以前だったら打ち終わる頃にはネットが切れちゃったでしょうが・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-09 07:41 | Comments(4)

ワーーーイ、自由!

・・・と以前のセールスウーマンの彼女なら大喜びするでしょうね、今日からしばらくひとりです!

昨日から中国へ行くはずだった息子(台風でキャンセルになった)と今日から韓国へ行く夫が朝早くに出かけます。同じ飛行機に乗るので一応空港までは一緒に。
飛行機の中では多分他人の振りをするのでしょうが。夫は仲間と一緒なので・・・・
男親と息子ってケムイもんでしょう?

とにかく猫まんまは今日から好きな時間に起き、好きなものを食べ、好きなように時間を潰し・・・

何しようかな・・・・・?
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-08 04:45 | Comments(2)

ああ、人生・・・

・・といっても哲学ではありませんが。

某所のセールスウーマンで最近ときどき寄ってくれる彼女、昨年3人の子供を引き取って離婚したんだって。
18歳で結婚、1男2女の子供もいて、ダンナさまもよく働いて幸せな生活をしてたって。

でも、ダンナさまが彼女を閉じ込めてたのね。お稽古事も、もちろん働くこともダメ。外出してる時に電話があったりすると怒鳴られるんだって。

子供も(中2、小学校、幼稚園)手が掛からなくなり、このまま家に居たら自分はなんだったのか?とおもうようになり遂に爆発してしまったそうな。
なにしろ1度も外に出たことなく結婚してしまった人だから、外に出てみたいと思うのは自然でしょうね。

もうちょっと上手にやれば離婚しなくても少しずつ外に出られたんじゃないかな?と部外者は思うけど、彼女にしてみればダンナさまの性格は絶対変らないだろうと思っちゃったんでしょうね。

自分の意志で離婚したので養育費とか貰えなくてもきつく言えないし、だから一生懸命働いてるの、と。でもとても楽しいと。

彼女は我が家の息子と同い年・・・いろんな人生があるものです。
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-06 19:04 | Comments(0)

ああ、ミステイク!

買い物の帰り近所の I さんに会いました。
丁度演奏会のお誘いしようと思っていたので声を掛けました。

”9月**日ってお暇ですか?”
”**日は・・・日曜日ですねぇ・・・日曜日は主人が居るのでちょっと・・”
”アラッ、結婚なさったの!?”
”ええっ・・・?”
”あら、再婚なさったのでしょ?今ご主人がって言われたから・・”
”あら、どなたかの事と間違えていらっしゃるんじゃ・・”

はぁ?何がなにやら分かりません。だって I さんは一昨年ご主人を亡くされて以後一人暮らしをしていられるのだもの。

”私Kですけど・・”
”えっ!そんな・・・I さんでしょ?いつもこの道でよくお会いしてますよねェ”
”ええ、いつも挨拶してくださるからとても嬉しく思っていたんですよ”

うそでしょ! 私はずっと I さんだと思って挨拶してたんだけど・・・ただ時々髪の毛が白めになってるときがあったりきちんと茶色になってるときがあったりはしてたけど、そんなのは誰でもあることだし。

どうやら同じ町内にとってもよく似た二人があり、猫まんまはいつも同じ道の同じ辺りでどちらかに行き合っていたらしいのです。何しろその道は買い物にも、バスに乗るにも大抵の人が通る道ですから。
髪の長さ、服の好み、歩くときの様子、話し声までそっくり!
違う人と分かっても信じられない猫まんまでした。

Kさんは私の名前は知らなかったけど、いつもすれ違うと挨拶してくれるから好感を持っててくださったとか。これからは今日を縁に親しくしましょうということに相成りました。

猫まんまは以前Kさん夫婦に道であっているのです、その時は I さんと思ってたので(I さんのご主人の兄弟さんかなぁ・・でもほんとに楽しそう・・・)なんてちょっとおかしな気がしたの。
Kさん夫婦なら楽しそうにしてたって当然よね。
それにKさんのご主人( I さんのご主人の兄弟かと思った人)も I さんの亡きご主人とよく似て背の高い格好良い人でした。

まだ猫まんまにはKさんと I さんの違いが全く分かりません!
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-05 17:06 | Comments(4)

ひたすらないのち・・・

e0031572_9284578.jpg数年前、家の増築でやむをえず切り倒したクスノキがこうして毎年いのちを見せ付けてくれる。
でもここで大きくなられたら困るので秋には又切ってしまうのだけど。

娘も、猫たちも大好きだった木、夫が台風の度に”危ないから切ろう”と言うのをダメと言い続けていたが、母に喜んでもらえる部屋を作りたくてやむを得ず切ったのだった。

もともと母から譲り受けた幼木を我が家のシンボルにと育てたもので、幹の太さが直径60センチにもなっていた。背だけはさすがにあまり高くはできないので毎年手入れは怠らなかったが。

お神酒と、お塩でお払いしてから切ってもらったが、電ノコでもとても大変な作業だった。
大きな幹は庭の周りの土止めにし、細いものは1mほどに切り、庭の隅に積み重ねた。

2年後積み重ねた木はもう半分ほどは腐葉土化していたので片つけた。

2日後、夜中に気分が悪くトイレに行こうとしたが、そのままベットから転がり落ち起き上がれなかった。朝には熱も上がって、発疹もあった。
かかりつけの医師は”これは良く分からないが皮膚科にいきなさい。”という。
皮膚科に行くと”大きな病院で検査してもらいなさい。”と。

翌日には熱はさらに高くなり、夫の運転で市民病院へ。
検査の結果はカビか菌によるアレルギーだそう。”カビ・菌・・?”と初めて聞く言葉に”何時、どこで、何の・・・・”と尋ねる。が、カビか菌の特定はできないし、どこでもそんなことはあリ得るのだそうだった。

突然少し前にTVでやっていた番組を思い出した。それはガーデニングが趣味の人たちばかりが不思議な病気に掛かったというものだった。

原因は完熟していない腐葉土によるものだった。

猫まんまもまさにそれではないか!
クスノキを3時間あまり掛かって片付けた間に、しっかり半熟腐葉土の中の何かを吸込んだのではないか?

40度近い高熱が1週間余続き、熱は下がったが倦怠感と顔の発疹は醜く、1ヶ月あまり外出できなかったのだった。

クスノキの怨念が2年後に現れたのだったろうか・・・・

それにしても、もしカビや菌が肺の中に入っていたら大変なことになっていたと後々知ってビックリしたのだった。
書き終えて思い出したが医師は”入院する方が良いのだけど、あいにくベットが空いていないので・・・”って申訳なさそうに言ったっけ。つまり間違えばかなりヤバイ状態だったって訳?
[PR]
by nekomanma221 | 2005-09-04 10:07 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧