カテゴリ:母ちゃん(ははちゃん)( 74 )

カラスの住みか

3月20日 (金)春分の日  

母の施設へ行く道は地下鉄延長工事が行われている所で、日々景色が変わっています。

あと1~2年後に完成するのを見込んで、今まで手付かずの森や草はら、古い廃屋などがあった所がどんどん切り開かれています。

数年前宅地造成であちこち森がなくなったとき、私達の住宅地にはカラスの大群がやってきました。
電線がたわむほどに、カラスが停まっていました。

今切り開いているところは、小さいけど、そんなカラスが唯一安心して寝泊りできる場所だったのです。


きのうその工事現場にカラスが1羽、シャベルカーが右往左往しているにも関わらず、まるで人間を恨むようにじっと見ていました。

もしかして切り倒した楠木で卵を抱いていたのでしょうか?


その辺は区役所、保健所、図書館などの分署ができるはずで、できればほんとに便利になって嬉しいのだけど、カラスやタヌキ、猿もいたかもしれない大事な森がどんどん無くなって行くのはとても淋しいです。


人間っていつも随分ひどいことをしているんですね・・・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2009-03-20 07:17 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

おいしかった~

                             3月19日  よる モモ命日

午後母見舞いに行きました。

とっても温かいを通り越して、途中から上着脱ぎ、手袋はずし、ゆるい登り道を汗かきながら愛車で走りました。

いつものように母の爪を切ろうとしたら、爪切りが入っていませんでした。そう言えば午前中爪の手入れしてバックに戻すの忘れたようでした。こんな時に限って結構伸びているものです。毎週同じに切っているのだけど食べ物の所為なのか体調の所為なのか、もしかしたら介護士さんが伸びすぎてると切ってくださっているのかもしれないですが。


で、歌を歌って(聞いているのかは分からないけど)帰ってきました。
とっても喉がガサガサだったんだけど、どうにか歌えました。


帰り道、どうにも甘い飲み物が欲しくて、コメ#に寄り、この地の人なら大抵知っている温かなデニッシュの上に冷たいソフトクリームの乗ったシロノワール(その上にまだシロップをかける人もいる)を頂きました!

美味しかった!
喉の疲れも飛んでいったかな・・・たまには良いよネ、往復1時間弱走っているんだし・・・・


で、今夜は1人+2ニャンなので冷蔵庫の片付けで終わり。
明日の夜まで作りたくなければ何も作らなくて良いのです~~~うっふふ
[PR]
by nekomanma221 | 2009-03-19 22:05 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

大家族

                             3月10日 晴れ強風 少々熱っぽい

少し動くと汗ばむくらいにあったかです。

昨晩のTVで子供が14人居る家庭が放映されてました。そのなかで上の3人だかは独立しているらしかったですが、それでも12~3人の家族で、父親の給料は16万ほどとか・・・

すごいです!
やればできるんですね!

もちろんそんな生活なので学校へ行くためには自分で働かないといけません。
景気のよいときなら高校1年生の年齢でも掛け持ちできるくらい仕事はあったかもしれないけど、今は大変でしょうね。
しかも彼女は働いたお金全部を自分のために使っているわけではなく、少しでも家計を助けようとしてるんです。
私も長い休みにはあちこちバイトに行ったし、奨学金も頂きました。でも、それらを家計にまで回すって事は無かったですもの。今思えばずいぶん優雅な学生だったな・・・

母が少し認知症がすすみ始めたころ、突然言いました。
”学校へやってあげれなくって悪かったねぇ・・・・ごめんね”  と。

ビックリでした。母がそんなこと思っていたなんて全く知りませんでしたから。それに、私は一応自分の能力に応じてちゃんと学校へ行ったし・・・


”あらっ、私は行きたいところにちゃんと行ったのよ。ほら、**高校と**短大でしょ・・?”


母はきっと他の兄達のこととゴッチャにしていたんだと思います(兄達は戦後の大変な時で、皆大学も行かず働いてくれていましたから)。

なにしろ我家も10人家族でしたもんね。正月に全員集まるとそれは楽しかったですね。

今は3人と2匹のこじんまりした家族の庭先でヤブランの鉢の中で本家を追い越す勢いのニオイスミレ。今年は庭のあちこちに咲いています
e0031572_1523115.jpg

[PR]
by nekomanma221 | 2009-03-10 15:10 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(2)

妹と

                2月12日(木)

神奈川県から妹がやってきました。
二人で母を見舞いました。

母が生きててくれるからこうして2~3ヶ月に一度は姉妹が会えます。

元気で快活な妹は寡黙な、でも、一日中何かしら動いていないと気のすまないご主人と夫婦。おしゃべり大好き、でも一日中でもリモコンもって座ってても平気な我家の夫は、静かとまでは行かないけど、さほどおしゃべりでない私と夫婦。ほんとに世の中面白く出来ているもんです。

地下鉄の駅まで出迎え、以前1度だけ行ったことのある魚の美味しいランチを頂いて腹ごしらえ。

活き魚料理屋さんで木曜日は刺身全部半額の店とどちらにしようかと迷ったけど、ランチのほうにはコーヒー、デザートが付いてるのでやっぱりランチのほうへ行ったのです。で、正解。

母を見舞うといっても、母の反応はもうほとんど無いので(一応目はボンヤリ見えてるし、声の方に顔を向ける)こうして時々姉妹があって話をすることが主になってます。

母が居なくなってしまえば、もうそんなには会うことも出来なくなるでしょうから、もっともっと長く生きてもらわなくっちゃ・・・

寝てるのもしんどいでしょうけど、頑張ってね。

1年半ほど前には妹が”頑張ってね”って言ったら”がんばる!”って大きな声で返事してくれて嬉しかったしビックリしたのですが、もう一度そんな声が聞けたらいいな・・・

昨日は10時半にベッドに潜り込みました。らむちゃんも嬉しそうにすぐやってきました。
あさ目覚めると、いつもならまだ布団の重石になってるのに、さすが早く寝たのでもう起きていました。代わりに空介が足元で重石になっていました。

やっぱり早寝早起きがベターです!
[PR]
by nekomanma221 | 2009-02-12 17:50 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

母の爪

1月30日・・のはず 朝時間がないかもしれないので予約をしてみます

木曜日、母見舞いに行って来ました。
インフルエンザを持ち込んでも貰ってきてもいけないので、ちゃんと手洗いしっかりしてマスク掛けて部屋に入ります。

しっかり眠っていました。丁度2時だったので午後の一番眠い時間帯のようです。

左手の爪は最近あまり伸びていません。どうしてかな・・
で、左手の爪はヤスリで丸くするだけにしました。

右手は少し伸びていましたので、切りました。
中指の爪きる時母が”あ!”#$%&・・・”と言いました。

ごめん、肉も切っちゃった・・・・・


うわ~まずいよ、血が出てきちゃった・・・・


スタッフを呼びにいこうかと思いましたが、バンソウ膏持ってるのを思い出し、貼りました。

”ごめんね、肉まで切っちゃって・・・”


でも、内心ちょっと嬉しかったんです。最近はしゃべってくれないけどちゃんと痛みは感じるんだって分かって。心はちゃんとあるんだって分かって。

帰り、スタッフのかたに謝っておきました。いつも一生懸命看て下さってるのにごめんなさいです。

ばあば は孫がめっちゃ可愛いって言いますが、私もなんです。ちょっと自慢していいかな?
e0031572_215225.jpg

ねっ、まるで描いた絵みたいにおっきな目の、メチャクチャ可愛い子でしょ?!(ネジさんちのしゅずちゃんです)
[PR]
by nekomanma221 | 2009-01-30 05:39 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(2)

兄夫婦と

              1月15日(木) さむ~~~っ

寒風の中自転車にて母見舞う。

入口で兄夫婦にバッタリ。誘い合わせたわけでなかったのに、ほんとに偶然です。

今日は母も目覚めているようで、兄が動くのにあわせて顔を持ち上げたり目がキョロキョロ動いていました。今まで兄夫婦がきた時に目覚めていることはなかったようで、ビックリしていました。兄はますます父に似てきたので、母はもしかしたら父がそこに居ると思っているのかもしれなかったです・・・

施設内の喫茶店でお茶をいただきながら一時間あまりおしゃべりしました。

母の様子がおかしくなった頃の思い出話をしました。

あの頃は誰も認知症についてはよく知らなかったので母のこと理解できなかったと、今ならもうちょっと母に対する態度を変えられたんじゃないかと話しました。

母が今は何も分からなくなっているのならその方が幸せだね、意識があればどんなにか今の状態を嘆き悲しむだろうしね・・と。

会いに行く私たちは淋しいけど、悲しむ母を見るよりは黙って寝てる母のほうがまだ良いかも。


桜島が爆発したようです。
ほどほどの爆発ならよいですが・・・・ちょっと気になります。
[PR]
by nekomanma221 | 2009-01-15 18:39 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(1)

元旦

                                       2009年1月1日
明けましておめでとうございます

正月といえど我家はいつもと変わらない1日です。

早起きの私は、何時おきるかわからない夫を待たず、お先にお雑煮食べちゃいました。
5時間後におきてきた夫とは正月料理を一緒につまみましたが・・・

昨夜は紅白を最後まで聴くとも観るともなく一応観賞。世の中の動向を少しは知れるかと・・・


午後から母を見舞いに出かけました。お正月で帰省している幸せな入所者さんもあるでしょうが、母のように動くことも意志を表すことも出来ない入所者はほとんどずっと帰ることは無いのです。正月でスタッフの方も少なく、いつものように音楽も掛かっていなくてちょっと淋しいくらいに静かでした。

昨夜腕をちょっと傷したとスタッフの方から朝電話がありました。寝たきりだけど、腕は動かせるし、介護椅子からベッドに移る際に暴れたりするので、怪我はどうしてもチョコチョコありますが、そのたびに”申訳ありません”と電話があり、却って申訳ないくらいです。
母の怪我以上にスタッフの方を傷つけていることがきっといっぱいあると思うので・・・


帰り道、神社に参拝によりました。

見ると、入口から社のある坂の上まで延々参拝者が並んでいてなかなか動きません。
私たちは車だったので社のすぐ近くまで並ぶことなく行けたのですが、みんなちゃんと並んでいるのに、割り込んでいく図々しさは持ち合わせない私は、周りの景色を楽しんでお終い。
神社やお寺詣でが大好き夫はササッと滑り込んで、しっかり参拝しておりました。

露店が出てるわけでもないけど、結構たくさんの人が参拝に来ていました。
桜の季節だとほんとに美しい神社です。

春になったら桜見に行こうかな・・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2009-01-01 20:18 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

兄×義姉×義姉×私

今年1月急逝した4番目の兄の1周忌を済ませましたと義姉から電話がありました。

丁度今日義姉の家に行く予定をしていたのを、まるで知っていたみたいなタイミングでした。


裏の公園に居て、甥から電話貰ったときはあまりの突然で何がなにやら・・という思いがしたものです。あれからもう一年、あっという間でした。

義姉は腰を痛めているので、とっても年老いた感じに見えました。

それでも兄が居たときはもう少しシャンとしていたのですが、一人になるって淋しいもんですね。
入れ替わりにかわいい曾孫が生まれたのですが。


午後、母を見舞いに施設へ行きましたら、5番目兄夫婦にバッタリ会いました。
昨夜電話したときには私が木曜日に行くので、兄達は金曜日に行くと言ってたのですが,都合で変更したとか。それにしても丁度兄達が駐車場にやってきた時に私たちは兄達の車のまん前に駐車しようとしていたのです。

ほんの数分違えば全く会うこともなかったのですよね~~~~


今日は皆に会えました。


ヘルペスで何年も痛みに苦しんでいた兄も、ようやく解放されたそうで、心持ふっくらして元気な声でした。
やっと食事がちゃんと摂れるようになったのよ、と義姉も嬉しそうでした。

”皇太子妃雅子さんもヘルペス以後なかなか回復されないけど、気の毒、”と兄が実感込めて言いました。

我が家の息子殿も痛みこそなくなったけど神経に麻痺は残ってしまったので、他人事とは思えません。


とにかく母に負けないように元気で長生きしましょう!
[PR]
by nekomanma221 | 2008-12-18 17:11 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

本日の出来事

午前中パーマをかけてきました。

こんな風にしてください・・・と言ってあとはお任せしたんだけど、出来上がったのは考えていたのとは全然違ってました。いつもはだまって帰るんだけど今日は”あの・・・私が思っていたのはこうじゃなくて・・・”と言いました。

で、デザインブックとか持ち出してああでもないこうでもないとやってたんだけど、どうやらそれは私には絶対老けて見えるから良くないとのことでした。

でも一度やってみたかったんだけどね・・・

自分の顔は自分では良く分かりません.声と同じで。


午後は夏物をクリーニング店に持っていったり、頼まれてた楽譜を届けたり、そのご母のところへ行ってきました。

今日はいつもと又違う道を開拓しました!

途中には、母のところへ行かなければ絶対通ることもなかったような道がいっぱい出来ています。昔から自転車で知らない町を探検するのって好きでしたから楽しいです。

山や林をどんどん切り開いていって出来た町なので、真っ直ぐにはいけないところもたくさん有ります。寒くも暑くもない今日ならではの楽しい探検でした。

母は少し痰が絡むようで、昨夜少し戻したとのこと。
丁度担当医が母のカルテを開いていられたので様子を尋ねましたがなんかチグハグなことを言われます。

実はカルテは母のものだったのですが、医師はそこに他人の診察メモを書いていられたのです。。。。。。


「心臓が×××」とかって。


母は余分に気を付けてもらえてよいけど、その当事者さんは心臓のことなんか何も書かれてなかったら大変です!


先生,気を付けてくださいね。
[PR]
by nekomanma221 | 2008-11-13 17:26 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(2)

施設にて

演奏会直前、準備に終われて家の中がゴチャゴチャになっているので(いつだってか?)今週は体調に関わらずプールはお休みして掃除。

でも母のところへは運動を兼ね自転車で行く。

友達にいつもより近道を教わったので、ほんの少し楽になったかな・・・?

目指すところは、市と隣町との境界線にあり、まだ開拓されていない森や林で道があちこち行き止まりになっている。油断するとまた逆戻りしなくてはならないこともあるので要注意ではあるけど、それさへ気を付けてれば案外近道があるのだ。

母は穏やかに眠っていた。
いつものように爪を綺麗にし、ちょっと歌ってみたけどどうやらホントに眠かったらしく反応があまりなかったので帰った。

エレベーターで、50代~60代に見える車椅子の男性が70代後半に見えるご夫婦に付き添われて降りるのに一緒になった。

男性は車椅子に乗ってなければ、とても大柄な頑丈そうな働き盛りに見えた。

この施設は1階はデイサービス、2階は割と軽症者、3階は動けない人と割と大人しい認知症の人、4階は動ける=外へ出て行ってしまう・・認知症の人、が入所していると聞いている。
彼は4階から降りてきたのだからきっとそういうレベルの人なんだろう。

付き添っているご両親らしい人は、自分よりずっと若い息子を介護していられるのだ・・・・

それでも男性は”ここでコーヒーでも飲んでいく?”と気遣いを見せた。
”いや、要らないから・・・”とご夫婦。



見ているのも辛かった・・・・・・

ご両親はどんなに悲しいことだろう・・・・・

いつも中で誰かに会うのだけど、付き添っている人は明るく振舞っている。今日みたいに悲しそうに辛そうに付き添っている人たちにはじめて会った・・・・・・

帰り道、涙がこぼれてメガネが曇ってしまった。
[PR]
by nekomanma221 | 2008-10-21 20:52 | 母ちゃん(ははちゃん) | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧