<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

らむちゃん

2月28日 〔日〕 雨 昨日チリで巨大地震、海を渡って日本にも津波がやってくるんだって


昨日あんなに良い天気になったのに今朝は又しっかり降っています。


らむちゃんおはよ~
e0031572_9164922.jpg

  ・・・・・・・

どうしたの?
e0031572_9171495.jpg

  あのね、閉まってるの・・・

そうね、ごようがあるの?
e0031572_9173939.jpg

  あのね、ごようがあるの・・・


まだ開かないね~
e0031572_9181669.jpg

  あのね、まだなの・・・・早くおきないかな~おとうさん・・・


いつもこうやってドアの前で待ちつづけるらむちゃんです。
気の毒なのでコッソリ少し開けてあげました・・・サーッと吸い込まれて行きました。
これからベッドで朝寝をするらしいです。
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-28 09:26 | 愛しのねこたち | Comments(0)

春の風景

2月27日 〔土〕 晴れ あったか

良く降りましたね。
今日は温かく穏やかな陽がさしています。

久しぶり(今年初かも)にらむちゃんとお散歩に出ました。

e0031572_13594784.jpg

 松のはっぱの匂いを嗅ぎ、すすきのはっぱをかじり、1時間ほど日光浴をしました。

庭にはいつのまにかいっぱいきれいに花が咲きそろっています。
e0031572_1431321.jpg

 玄関前の椿、庭には4種類の椿がありますが春1番に満開になるのはこの椿。
 大きい時は手のひらサイズにもなります


e0031572_1451216.jpg

 裏の崖にはチャが寝そべっていました・・そこはあったかなんだよね、あ、起きなくてもいいよ


e0031572_1464493.jpg

 ほったらかしにしててもちゃんと咲く花・・キンレンカ・・きれいです。おや、その向こうを歩いてるのは?
e0031572_148509.jpg

 らむちゃんソックリのとっとちゃん、チョコの兄弟です。2ニャンとももう手術しないと・・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-27 14:13 | Comments(0)

2月26日 〔金〕 雨どしゃぶり

雨、待っててくれたのね母の葬儀を。

午後から降るのかと思ったらもう朝からしっかり降りました。
その中を久しぶりにアンサンブルの練習場に行きました。

声、出るかしら・・・と心配でしたが、ここでは朝の30分は完全に息の出し方から勉強するので、何とか取り戻すことが出来ました。

その後の1時間半も絶えず息の使い方、他のパートとのハーモニー、歌詞の持っている意味などを、時間配分良く指導され、とても有意義に過ごせました。
曲は難しくないのですぐ譜面を外せ、発声に集中することができます。
ここに来て本当に良かったと思います、今の私にとっては最高にあってる場所です!


昨年里子にいった猫さん達、そろそろあちこちから去勢避妊手術の報告がやってきています。
田舎に行った子たちは自由に生きているのかしら・・・・?でも飛び出したりはしていないでしょうね?!


るるちゃんも手術しました~
e0031572_16172172.jpg

  まだこんなにあどけないのによく頑張ったネ・・・・ママ猫にそっくりになりました


こちら左はレオくんです。レオ君はもうしたのかな?右はジュリー兄さん。
e0031572_16195933.jpg

  最近とっても人見知りになったんですって!あれ、きょうだい猫のぽん太くん(Kさんちに居ます)もそうなんですよ!もう足音聞いただけであっという間に隠れますって。以前どこに隠れるのかどうしても分からなくって、やっと分かったのは風呂桶と壁の間の5センチもない隙間から桶の下に潜っていたんですって!
ほんとうに驚きでした!
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-26 16:30 | Comments(2)

チャイくん

2月25日 〔木〕 あたたか

なんだか生温かくて気持ち悪いほどでした。

首輪ちゃんはチャイという可愛い名前でした。
お母さんはもうチャイには会えないものだと思っていたそうで、涙ぐんでチャイくんを見ていられました。

 チャイよかったね!ちゃんとお母さんやお父さんに愛されてた猫さんだったんだね。
 決して捨てられたわけではなかったんだね。
 チャイが勝手に家を出てきてしまったのね、何かを追いかけていたのかな?

 車に轢かれても不思議は無い、大通りを横切ってしまったのね。

 人間は道を通るから結構離れていると思うけど、実は猫にとってはそんなに離れた所では無かったんだね。
 家々の庭とか通ってくれば1kmも無いかもしれないね。

 もしかしたらお家に帰ろうとしたら今度は車がいっぱいで怖くて渡れなくなったのかもね

 1ヶ月ぶりにお家に帰ってとっても甘えているんだってね、チャイ
 お母さんが言ってたよ。
 いいのよ、いっぱい甘えなさい!その方がお母さんは嬉しいんだから、きっと。
emoticon-0136-giggle.gif



母のお別れの儀式の間、見舞いに行く度に母と歌ってきた童謡唱歌のCDを流してもらいました。
式が終わったと同時に ”から~すなぜなくの~・・・”と一番良く母と歌った曲が流れ出し、急に涙がこみ上げてきてしまいました。

そして棺に別れをいうために立ち上がったとき、こんどは ”とおりゃんせとおりゃんせ”とまるで母の天国行きを許しますよとばかりに歌が流れ、最後に ”うさぎお~いしかのやま・・・”と故郷が流れました。



意識してそのCDを持っていったわけではなかったのに演出効果バッチリで、さすが長年演奏会を経験してきた私らしいと、泣きながら変に感心したりしていました・・・もっともそう思ったのは私だけでしたでしょうけど。
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-25 21:15 | 首輪ねこチャイくん | Comments(5)

激動の1週間・・・

2月23日 〔火〕   あたたか、晴れ

昨日母がようよう天に召されました。
ほんとにお疲れ様でした。

大正3年生まれの母の人生の前半は、全くドラマ化してもあまりあるほどの凄い人生でした。

でも父と一緒になってからは穏やかで、貧しくはあったけど明るく楽しい毎日だったと信じます。
ただ、認知症になってからは段々に昔に戻っていったので、時に苦しみや悲しみにも襲われていたかもしれません。

1ヶ月も意識の無い状態でも頑張っていたのは、きっとこれから行く世界で楽しくやっていくために、古いことを全て脱ぎ捨て身軽になるための時間だったのだろうと思います。


平成22年2月22日 1時22分・・・2並びにちょっと惜しかったけど、絶対日にちは忘れないでしょう。
首輪ちゃんがおうちに帰り、私の誕生日の翌日で、しかもニャンズの日なんですもの。
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-23 14:22 | 首輪ねこチャイくん | Comments(5)

お家が見つかりました!

2月21日  〔日〕  はればれーーーー!

首輪ちゃん、お家みつかりましたーーーーーよかった~~~~~~!
1月10日ころから家出してたようです。
いつもは1日で帰ってきたのに・・と言われたので出入自由猫さんだったのですね。

1ヶ月丁度我が家にいて、すっかり仲良しになってしまっていたので、お迎えに来てくださってるのに見向きもしないでご飯ご飯!と甘えておりました、私に。


そんなに遠くではないところに住んでいたようで、もし怪我さへしてなければ一人で帰れたかもしれないです。


でもお迎えに来てくださってほんとうに心からホットしました。

そうそう、この前遠くから見に来て下さったSさんに手術代をお返ししなくては・・・・


今日は私の生まれた日。
こんな日に首輪ちゃんのお家が見つかってほんとうに一番のプレゼントです!

あ、首輪ちゃんなんてなまえだったっけ・・・・お聞きしたんだけど
チャーとか何とか短い名前だったんだけど・・・今度お会いしたらお聞きしましょ。

とにかくよかったです~~~~~一緒になって探してくださった皆さま〔お気持ちだけでも〕ありがとうございました!
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-21 18:52 | 首輪ねこチャイくん | Comments(5)

ひとりで帰れないようーーーー

2月19日  〔金〕ヒラヒラ雨?雪?

事情があって落着かない日が続いています。

首輪ちゃんのお世話がちゃんとできないと困るので、ひょっとして一人で帰るかななんて思ったりしてらむちゃん空ちゃんを閉じ込めて首輪ちゃん自分で階段下りて玄関に行くようにしました。

一応玄関から外へ出るには出ました。が・・

全く怖いのでしょう!  なかなか歩けません!

首輪ちゃん一人でここに来たのでしょ?
でも1ヶ月2階に居る間にもう忘れてしまったのね?


可哀相なのでもう一度ダッコして2階にお連れしましたよ。


ダッコできるノラちゃんなんてそうザラにいませんよね?!



首輪ちゃんの家族さんはほんとにどこにいるのでしょう?
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-19 15:41 | 首輪ねこチャイくん | Comments(3)

手術

2月17日 〔水〕 うす曇

甥が急逝したその日、実は一番年上の甥が胆嚢結石で緊急手術していたのでした!

昨年夏ごろから時々痛かったらしいのですが、胃だと思っていたようで、その日も近くの病院で胃薬を貰ってきたそうですが、どうにも痛みが激しくなり救急車を呼ぼうと息子に言われたのにそれを嫌がって、息子が1時間掛かる大手の病院に運んだのだそうです。

そこで、即入院手術となりなんと大人の親指大のギザギザの石から箸の太いほうほどのやはりギザギザ石など、40以上〔そこから先はもう数えなかったって〕の石が取り出されたそうです!

まあ、よくぞ貯めたもんです!!!


結石の痛さは痛みの中で最高と言いますから、よくぞ我慢してたものです。


そいてそして・・・昨日我が家の息子殿、また腰を痛めました・・・・




何かあるんでしょうか?って思っちゃいますね。従兄ばかり次々悪いことが起りました。
もう3つあったのでこれで終わりになるのでしょうか・・・・



今日首輪ちゃん手術に行きました。
新聞での反響は3件有ったのですが皆違っていました。
で、里親さんを探すにしても、たまたま付けたままでは難しいので思い切ってお願いしました。
いつもノラちゃんを手術してくださるしっぽ動物病院です。

3種ワクチン、爪きりも一緒にお願いしました。

病院から帰ってポストを見たら、先日ご自分の猫ではないかとはるばる見に来て下さったご婦人からお手紙が来ていました。
ご自分の猫ではないからと飼ってあげられなかったことを詫びて、手術代にとお金を送ってくださったのです。

思わず涙がこぼれました・・・・


首輪ちゃん、お家の方は探しに来てくれないけど、こんな風に優しくしてくださる方も有って幸せね。


ご婦人は自分の猫もどこかでちゃんと大事にしてもらっているのを願ってのお手紙でした。
私もムクちゃんがどこかで可愛がってもらっているのを願って首輪ちゃんの世話をしているんですものね。
お気持ちがとってもよく分かります・・・・・

e0031572_1751654.jpg

 もういっぱい遊びたいんです!あそんであそんで~
e0031572_17513014.jpg

 足、こんなに綺麗になりました。もうすぐ完治です。何を狙っているのかな?
e0031572_1752221.jpg

 今から病院・・・ちょっとしょげています。がんばってね~ちゃんとお迎えに行ってあげるからね!
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-17 17:58 | 首輪ねこチャイくん | Comments(3)

介護施設

2月16日 〔火〕  晴れ

地下鉄がやってくるからというわけではないでしょうけど、この町も随分変わるようです。

いままでバーだったところが改装工事してたと思ったら何とデイサービスセンターになりました!
区役所分署などが入るビルにも介護施設ができるそうですし、他にも介護施設ができるんだそうです。

この町内も高齢者の1人暮らし家庭が目立ってきましたので、やはり絶対に必要なのでしょう。
私達もそのうちお世話になるのかもしれません。


私達も他人のお世話になりたくないとは思うけれど、どうなることやら・・・
とにかく健康にだけは気をつけましょう。

昨日、健康診断の結果を貰いました。

悪玉コレステロールが基準より高めでしたが他はOKで、また一年元気に生きられそうです。


母はまだまだ現世を楽しみたいようです。
ここまで生きたんだもの、あと好きなだけどうぞ・・・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-16 17:21 | Comments(2)

ご報告のご報告

2月15日 〔月〕 終日小雨

今日は良いご報告があるって思ってたのに残念ながら有りませんでした・・・ガッカリ

首輪ちゃんの件を地元の新聞に載せてもらって、我が家の猫では・・とお二人の方が電話くださったのです。

が、お二人とも違う猫さんでした。

お1人は自転車で10分ほどのところの方ですが、去年の7月ころ去勢手術を受けにいった病院から逃げ出したとの事。病院の責任ですよね!ひどいです。

もうお1人は車で40分程の遠くの方ですが、12月30日30分ほどの間に姿が見えなくなって、あまりに可愛かったので誘拐されたのではないかとこんなに遠くの方の記事にもしやと電話されたのでした。

とにかく猫に会ってみますと、ご子息の車で来られました。
来られる前から私には違うと分かっていたのですが、でも、ご縁だから飼いますといわれないとも限らないので来て頂きました。

首輪ちゃんを見て、”こんなに綺麗で優しい猫なのできっと探していられるはずですよね・・・”と、切なそうに言われました。


近所中にチラシを配り電柱に掲示してるのに全然反応が無いんですよとお話すると、ご自分は飼いたいと思われたのですがご子息からダメと言われて”本当に申訳有りません”とふかぶか頭を下げられ却って申訳なく思いました。


ご子息の言われるのも無理ないことでした、お年を聞いてビックリ80歳だそうでした。

私でさへもう子猫は飼えないと思っているのに、それはやはり家族の承諾無しには出来ないことですね。



というわけで今日はダメでした・・・

でも、探している人はまだまだ居るはず、どうぞ首輪ちゃんも「首輪ちゃん」なんて呼ばなくてもいいように早く家族さん迎えに来てください~~~~~~



朝珍しくらむちゃんが布団の中に居ました。珍しいこと、と思ったら、いつもはキッチンのエアコンをタイマーセットしておくのに忘れてて寒かったのでしょう。 で、ストーブ点けましたら珍しく仲良く並んでいます。
e0031572_16521523.jpg

[PR]
by nekomanma221 | 2010-02-15 16:53 | Comments(4)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧