らむちゃん(運命の日)

e0031572_714297.jpgお風呂にも入り、獣医師の診察も受け、まだまだ痩せ気味ではあるけどそれなりに可愛くなった子猫、先住猫には時々顔合わせさせてきた。でも肝心の家主に・・・
ある日唐突に家主に言った。

”ねえ、友達にアメリカンショートヘヤーの赤ちゃんもらっちゃった!”
 ”へー、すごいね”
”ほらっ、きれいに縞が出てるでしょう?”
 ”あ、ほんとだ、きれいだねえ”

簡単でした!
ブランド品なんて全く買わない我々夫婦、でもブランド品だと言われるとすぐ(良い物だ)と思うらしい夫。

ホームセンターには猫も売っていて、つい数日前アメショーが高い値段で売られていることを見ていました・・ふふ、わざと見せといたのですがね。
もちろん子猫は日本猫でアメショーではないのだけど、見る人が見れば一目瞭然なのだけど、夫には違いなんて分からないのでした。

さてこれで子猫は晴れて家族の一員になりました。アメリカンショートヘヤーとして。
後にホームセンターで残りの2匹もちゃんとどなたかにもらわれていったと聞きました。ほんとに良かった!

 まだ続くよ。
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-14 07:18 | Comments(0)

らむちゃん (犬用ミルク)

猫まんまのヒミツの育児生活が始まりました。
4時間置きのミルク、食後の排泄、お顔を拭いたり、ノミを取ったり(まだ小さすぎて洗うことは無理だったので)・・・ヒミツってほんとに楽しいよ!ふふふふ
子供みたいですって?!

1~2度夫が2階に上がっていったので見つかるかな、とヒヤッとしたけど全く気が付かなかった。猫まんまなら部屋に変なダンボールあればなんだろう?と覗くのにねえ。

1週間もしたら目もしっかり開き、よろよろしながらも自分でトイレに行けるようになりホッとした。
ただ今度は怖いことがあるとどこか部屋の隅に隠れてしまうようになった。一番良く隠れていたのが娘の勉強机の1番下の引き出し。これは引出しの奥が丁度子猫が入れるくらい隙間があったのでピッタリだったよう。
誰かが知らないで引き出し明けたらビックリしたでしょうねえ!ぬいぐるみでない温かい子猫が出てきて。

そろそろ離乳食にしなくちゃ、と思った頃それまで子猫に与えていたミルクはなんと犬用だったことに気が付いたのです!なんてこと・・・・
獣医さんにお尋ねしたら大丈夫ですよって返事だったので安心したのだけど。
ええ、もちろんコッソリ獣医さんの検診も受けたのですとも。

でもそろそろ2階の部屋に隠したままでは子猫も可哀相だし、先住猫たちも2階に来たがってるしするのでどうしたものかと・・・

 続きは明日。
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-13 22:14 | Comments(0)

らむちゃん (わすれもの)

買い物も終わり駐車場まで行った時買い忘れた物があることに気が付きました。
夫には”歩いて帰るから先に帰ってて”と。
その頃ウォーキングに燃えていたので歩くことは楽しみでさへありましたから。
・・・でも、本当は忘れ物なんて無かったの・・・どうしても子猫たちが気になって・・・

売り場に戻ったら子猫は3匹になっていました。さきほど見ていた人たちが1匹もらってくださったそうでした。

又猫まんまは子猫のダンボールから離れられません!

そして遂に一番小さくてやせた女の子を腕の中に入れてしまったのです。

そして、そ知らぬフリして家に帰り、ダンボール箱の中にいれて2階の空き部屋にこっそり住まわせてしまいました。

子猫には”いい子だから泣いたりしちゃダメよ、すぐ来るからね。”なんて言い置いて、ぬいぐるみと時計を箱の中に一緒に入れてあげました。時計の音は母親猫の心臓の音に聞こえるらしいと聞いていたので・・・

子猫はいい子でしたねえ、ちっとも泣かなかった、もっとも泣いても夫には先住猫が泣いているとしか思わなかったでしょうがね、猫まんまにはすぐ分かるんだけど。

  つづく
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-13 15:08 | Comments(1)

らむちゃん (出会い)

5年前の8月19日、夫婦でホームセンターに出かけました。
ペットショップの入口にダンボール箱があり、中には4匹のまだ目も開いていない子猫がいました。お店の店員さんによると近所に置き去りにされてたので、可哀相なので里親探しをしようと店に持ってきたそうでした。
座り込んで子猫を見ている猫まんまを夫は”もらってくるじゃないぞ!”と一喝しました。
そうですよね、つい2週間ちょっと前にプシキャットが亡くなり悲しいけれどでも、家の中の汚れかたが少し楽になったばかりでしたから、それに家にはまだ年老いたシャムネコと元気な日本猫が居ましたから。
でも、でも、子猫が4匹も・・・
耳元ではプシキャットが”私の代わりにこの子猫を1匹連れてってあげて!”って言っている様でしたし・・・

でもそこへ丁度他のお客さんが見に来てどのこにしようか・・なんて言い出したので、猫まんまはほっとしてその場を離れたのでした。

                続きは又ね。
今日も暑いです!でも、少しせみの音変わってきましたね。あの暑苦しそうな音色が透明な音色に変わってきました。
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-13 11:41 | Comments(0)

お墓参り

e0031572_2132855.jpg夫の実家の前にある大きな建造物、100年以上昔のもの。かやぶき屋根だったけど今はつる草がしっかり根を下ろしている。変った生き物が住んでいたら楽しいね・・・


e0031572_2143853.jpg墓地にあったレースの木。エッそんな木があったかしら?葉が蓑虫のごちそうになり見事にレースの葉っぱに変身!


e0031572_2151414.jpg帰りに寄った湿原にさぎ草が可憐に。でも、そのあと・・・・


e0031572_21153473.jpg先祖の墓です。
そうでした、今日は夫の先祖の墓参りに行ったのでした。

そしてそして、湿原から出るとき出口を間違えて危くとんでもないところへ行くところでした!例によって方向音痴だったのは・・・誰ですか?
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-11 21:23 | Comments(4)

今日の1日

二人揃ってお休みだったのでしばらく記帳していない遠くのBANKへ行く。
以前はわりと近くにあったし行員さんが出向いてくれてたので何でもそこにお願いしていた。しかしバス、地下鉄と乗り継がないと行けないところに統合されてしまったので、急に必要も無いお金だけ預けている。が、振込みの変更を忘れていたものが2つあったので預金高は増えないで減っていた。もっともいまどきの利子では目に見えて増えるなんてことはありえないけど。
ついでに冠婚葬祭の互助会を解約してくる。掛け金より少しばかり手数料として取られるので少なくなるけど、ま、銀行に入れたってほとんど増えないんだからあまり損した!って感じはない。
今はいっぱい良いものができていて必要なくなったので解約。

ねこまんまは演奏会などの手伝いを何度も経験してる所為か自分達夫婦の最後のステージについてとっても気になるの。きちんとプラン立てて、きちんとそれなりのところにお願いしておきたいの。そう、二人の結婚式のときだってそうしたんだものね。

最後のステージは突然やってくるから(そう、まるで夢の中の演奏会のように)、誰もが困らないようにしておかなきゃ・・・。
今日も行く車の中で色々あれはどうする、これはどうする、って相談して大体の線を決めたの。
ちょっと安心。これって変かしら・・・・?

銀行廻りが終わりほっとして豆腐と旬菜料理の店に。
1年に数回しか行かない店だけど、ま、安心して食べられる。
いつもはランチだけど、どういうわけか今日は夫が”ねこまんまは滅多にこういうところには来ないんだからご馳走食べよう”って。
フル懐石。
ほとんどが豆腐なのに、終わった頃には御腹いっぱいでした。

今夜はその中の一つを真似てみたけどなかなかお店のようにはね・・・
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-09 20:41 | Comments(1)

もう秋!

今朝6時になっても鳥の声もせみの音も聞こえてこない。
あれ、雨なのかしら・・・?
窓を開けたらまばゆいばかりの真っ青な空が広がっている。

へえ、鳥は知ってるのねー昨日から秋だってこと!

裏庭に隣した公園に、3階建ての屋根より高くサイブレスの木が少しこちらに傾きかけて立っている。そもそもこの木は、以前公園が整備されていなくて、崖だった時、私がためしに挿し木したものだったっけ。でも整備され、公園の木になってしまって久しい。
木は手入れされていなくて美しい木とは言えないけど、季節ごとにいろんな鳥が尋ねてくる。
この夏は尾のスラーと長い、きれいなソプラノで鳴く、名も知らぬ小鳥がいるようだ。
巣があるのかもしれないけど、良く分からない、高すぎて見えない。

・・せみはいつもより少し遅く、15分すぎころから鳴き出したけれど、名も知らぬ小鳥は今朝は鳴かなかったね、もうお引越ししたのですか?
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-08 08:52 | Comments(2)

ねずみのおまけに。

e0031572_6492764.jpgいつも物事に動じないモモが、とても興奮しておまけのねずみを捕まえようと必死に、
らむちゃんはねずみより、ねずみが着いている紐や棒に興味津々。
散々騒ぎまくった後二人で何事か相談中。
”私のものよ!””あらっ、私のよ!”  なんて言ってる・・・?

猫にもそれぞれ個性があっておもしろい。

モモは焼き魚、するめ、かつおぶし、とにかく大抵の食べ物に興味があり、テーブルに乗せるや飛んでくる。お皿にもらえれば即ほんとに嬉しそうに食べてしまう。

らむちゃんはカリカリ、かんずめ以外は全く興味なし。

生い立ちに関係してる?
モモはお隣が建設中になんとまだ板張りが完成してなかった天井裏で生まれた。
たれめで真っ白、とっても可愛かった。
2ヶ月近くあちこちの家にもらわれていった。でも、みな、(私が飼うから)って持っていくのだけど家族から反対されて又出戻りの繰り返し。遂に見かねて我が家に。
すでに2匹のいわゆるブランド猫が居たので夫は反対したけど、とっても良いこだったものね。

らむちゃんはまだ目もはっきり開いていない、小さくてガリガリの子だった。
4時間置きのミルクで育てたから、そのあとはかんずめ、カリカリと、人間の食べ物は一切あげなかったから、食べ物だってことも知らないのかなあ?
猫としての本能は遺伝されていないのかしら?
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-07 07:16 | Comments(0)

最近の話題は・・

フロイデの練習後空腹を満たすべくいつもの店に直行。

さて食後の話題は・・・
ずっと以前は子供のことだった。
つい最近までは健康の話だった。
で、今日は・・・葬儀の話!
ねこまんまは線香にいぶされるのは嫌だから、
お花にいっぱい囲まれて天国へ行きたいから、
宗教色の無いお別れ会がいいと思ってるの。
でも、夫の実家の宗教でやるのが一般的なのだって。
え、勝手にやっちゃいけないの?だって信仰心も無いのに、ただ実家が**教だったらそうしなくちゃいけないものなの?これは考えなくっちゃ・・・・
そして、1年ぐらいは突然お参りさせてくださいってお客様があるから、そういう部屋をこしらえておかなくちゃいけないって。ワー大変だ!簡単には天国いけそうも無い!
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-05 16:41 | Comments(4)

プシキャットのこと

e0031572_21234377.jpg

今日はプシキャットの命日。
5年前普段と様子の違うのに気が付いたときはもう医師から宣言された”ダメと思うけどN病院に連れて行ってみてください”。タクシー呼んで飛んでいった。
酸素室に入れられ少し落ち着いたので1日そのまま置いてもらう事にした。が、家に帰り、もうダメなのなら慣れ親しんだこの家に連れ帰ろう・・・そう思い朝になるのを待って飛んでいった。
病院で酸素室から出た瞬間昨日よりもっと苦しそうに喘ぎはじめ、あっと言う間に天国に行ってしまった・・・
プシが具合が悪かったなんて全く気がつかなかった。ごめんね、ごめんねって何度も何度も心の中でわびた・・・
はじめて家族になったとき、もあもあの真っ黒な毛糸のかたまりみたいな手のひらに乗るほど小さかったプシ、その優雅な姿に似ずムササビみたいに飛び跳ねていたプシ、あっという間に13年半を駆け抜けてしまったね。
[PR]
# by nekomanma221 | 2005-08-02 21:42 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧