2008年 02月 25日 ( 1 )

ピアノ

実家に突然ピアノがやってきたのは中学3年のときでした。

父がどなたかにお金をお貸しして(どこにそんなお金があったのか不思議!)返せなくなったので、その家にあったピアノをお金の代わりに頂いたという風に聞いています。

スピネット型という少し小さめの、左右に燭台のついた可愛いピアノでした。

 そのピアノが家にやってきたことで、今の私があるといっても良いのです。

数年前母が今より意識がはっきりしていたとき、実は、姉が私にピアノを買ってやってと自分の貯金を差し出したということを言いました。

つまり貸した金額よりピアノが高かったので、足りない分を姉が出してくれたということなのでしょうか・・・姉が余命1ヶ月と言われたときどうしてもこのことのお礼を言いたくて”ありがとうね”と言いました。そんなことあったかしらね・・と姉は忘れたように言っていました。もっとも姉がたくさんもっていたわけはないでしょうが、なにしろ8人兄弟姉妹だったのですから・・・母はその気持ちがとっても嬉しかったと言いました。007.gif

今日どなたかのブログを読んでたら、入学祝だかにお父さんが大切にしていた古銭を売って、レコードプレイヤーを買ってくださったお話が載ってて、ちょっと、いえ、かなり感動してしまって、ふっとピアノのこと思い出したのでした。その方はお父さんに申し訳なく思われて、自分の好きなレコードでなく、お父さんが好きな曲のレコードを買って毎日聴いていられたとか、読んでてつい涙ぐんでしまいました。

わたしはちゃんと感謝しただろうか・・・

一生懸命練習しただろうか・・・・

今我が家にあるのは狭い部屋にドデカイGPだけど、ほんの音取りにしか使っていない。
父や姉に感謝すべくちゃんと弾かなくっちゃ!
[PR]
by nekomanma221 | 2008-02-25 18:58 | 音楽 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る