2008年 02月 27日 ( 1 )

モーツアルト作曲交響曲ト短調「旅人」

昨夜はなかなか眠りにつけませんでした。
5月に歌う曲の中で歌詞の覚え難いものを書き出して、布団に入ってから心の中で暗唱していたのですが、どうしても途中で進まなくなるものがあったのです。

モーツアルト作曲交響曲ト短調第1楽章より「旅人」(岩橋正子作詩)です。

大体アルトというのは歌詞は切れ切れ、メロディも飛び飛びというのが多いのだけど、この曲は違います。アルト先行なのです。ので、歌詞をしっかり覚えていないと歌えません。

ほたるこい、なんかはソプラノに着いていけば歌詞忘れててもほぼ歌えちゃいます。時々ソプラノさんが歌詞間違えたりすると大変なことになりますが・・・

さて、旅人の歌詞は文語体で、しかも前後のつながりがあまりなくて、しかもテンポが速い上に音程が度々ピョンと跳ぶので発声にもかなり気を使わねばなりません。
すると、パッと歌詞まで飛んでってしまうのです!

 花をつみし昔よ    はるか母の面影
 心弱き嘆きに     風の暗き夕暮れ  も
 光 見てる       明日の日に願いをかけて
 あこよ ねむれ    夢を求め

この部分がどうしても思い出せなかった昨夜、ウトウトするたびに胸が苦しくなってきてウワ~ッと暴れそうになり、心臓がおかしいのかと思ったほどでした。

そこへ、らむちゃんがやってきて布団の中に入りました。らむちゃんのスベスベした毛皮を撫でているうちにやっと気持ちが落着いてきて明日もう一度見直せばいいや、と眠りに着くことが出来ました。

らむちゃんありがとね。

さあ、今日はがんばるぞ~~~~~まだほかにも何曲かあるんだし・・・・・・
[PR]
by nekomanma221 | 2008-02-27 09:29 | 音楽 | Comments(0)

猫と合唱を愛してやまないおばあちゃんの日常です!


by nekomanma221
プロフィールを見る
画像一覧